「Dead or Alive」

死にたいと思った数は、きっと生きたいと思った数を上回るのに
やっぱり僕は今日も生きている。

それが全てで
それが現実で
それこそが悲しみだ。

それとも、こんな悲しみを感じる人間が特別なんだろうか?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です