いつかの化石

部屋の掃除をしていて、いらないものはみんな捨ててしまおうと
クローゼットの中の、ずっと整理していなかった箱の中までチェックしていたら
もう10年以上前に付き合ってた彼女から、付き合ってる時に貰った
ラブレターを発見!

すごく手書きの文章を残すのが好きな人で
メールだと寂しいからって、一杯、手書きのメモとかも貰ったなぁ。

それで、その貰ったとき以来に、そのラブレターを読んだんだけど
俺って、すごくすごく愛されてたんだなぁって・・・。

あの頃は、全くそれに気付かなかったし
どちらかというとウザく思ってたこともあったり・・・

今だったら、きっとこんなに愛されてたら嬉しくて
その何倍もの愛で応えたいって思ったかもしれない。

でもあの頃の俺にはそんな感情も選択肢もなくて
まぁ、どうしようもない話なんだけどね。。。

結局それから、俺は誰とも付き合ってないし
そんな運命を憎んだこともあったけど
なんか仕方ないのかなぁって
こんなに愛されてたのに、傷つけることしかできなかった
罰というか贖罪なのかなぁって、その手紙を見たら思ってしまった。

ただそれだけの話しだけど
今、その手紙を読んだことにも
また何か意味があったのかなぁって、思ってみたりもして・・・。

今更誤っても仕方ないし、届かないだろうし
でもせめて、人を本気で愛して、本当に大切にできる人間に
なれたらいいな。
なりたいな・・・
なれるかな?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です