音楽業界のこれから

おぉ、かなり久しぶりのブログだ(笑)

でもいいんですよ。
なんか、ブログが義務になったら違うかなぁと思ってきたので
富◯うんたらの漫画並みのペースで書いていきます(笑)

いやそこまではいかないと思うけど
書きたいことがないのに、無理やり書くのは違うかなぁと・・・
なので最近はTwitterがメインです。

一部ではバカッター等と蔑まれてる媒体ですが
ただ単に、合う合わないの問題でしょう。

それでいいんじゃない?

Facebookは、本名オンリーなので
芸名な僕は、あまり使ってないというだけだし。

かと言って、フェイスブックで顔写真非公開とか、動物の写真とか
明らかな偽名とかは嫌なんだよね。

だから当面は、Twitterメインの、残したいことはブログで
やっていきたいと思ってます。

そして僕はシンガーソングライターなので
歌を作ること、歌うこと、そしてファンを増やすことが全てなのですが
難しいねぇ

多分、同じように難しがってる人が多数だと思うんだけど
それでも俺は、あがいていくけどね。

ライブをするのは簡単です。
ノルマはあるけど、用は金さえ払えばステージに立てて歌えます。

カラオケと一緒(笑)

知り合いでもなんでもない人が、何のしがらみもなく
ライブに行きたい!と思ってお金を払ってくれるのが、これがプロ。
しがらみだけで、1000人規模のライブハウスを埋めても、ちょっと違うんだよね。

逆に、聞きたいと純粋に思ってくれる人が100人も集まってくれたら
それは間違いなくプロだよ。

ヒットチャートなんてどうでもいいです。
てか、これからの時代、そんなものがどうなっていくか分かりません。

全くCDが売れない時代で、メジャーレーベル=プロという図式も成り立たなくなっていくであろう、これからの音楽業界。

歌唱力でも、楽曲のクオリティの高さでも、純粋にずば抜けた物が
残っていくんじゃないのかなぁって思いました。

人の心に伝える、届く音楽
誤魔化しが効くほど、人間はまだ馬鹿じゃないって信じてるよ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です